【UV】実は髪の毛にとっても めちゃくちゃ重要な紫外線の話 その②

髪の毛を守る 正しいUV対策
wpid-20150618115914.jpg

【UV】実は髪の毛にとっても めちゃくちゃ重要な紫外線の話 その②

こんにちは、ヘアーアンドビューティーノンの平岡です。

髪の毛にとっても重要な紫外線対策の話、第2段です。

 

紫外線から守る為に必要な知識


紫外線が髪にも肌にも良くない物だと言うのは、先日のブログ
【UV】実は髪の毛にとっても めちゃくちゃ重要な紫外線の話 その①
で多少はご理解いただいたかと思います。

では、どの様に紫外線から身を守るか。
これもわかりやすく、肌に例えてお話ししますね。

 

日焼け止めクリーム


まあ、これはもはや説明するまでも無い、ご存知日焼け止めクリーム。お肌にはこれがあるので便利なもんです。
ですので、ちょっと専門的な事言いますね。

 

日焼け止めには種類がある

日焼け止めの種類、これもご存知かと思いますが、【SPF】と【pa】
がどうこうの書いてあると思うのですが、お察しの通りSPFなら30とか50とか、paなら+が増える程、紫外線防止効果が増えます。

 

SPFとは

サンプロテクションファクターの略で
UV-Bから肌を守ってくれます。UV-Bの説明とかもしてたらこの記事書き終わるのに2年かかるんで嘘です。
簡単に言うとUV-Bは、肌の表面組織痛めつけて黒くする系紫外線と簡単に理解しておいてください。
んで、30とか50ってのは、
人が元々持ってる紫外線に耐えれる時間(人それぞれ違う)×30=という表記になっています。

 

paとは

プロテクショングレイドオブUV-Aの略で
UV-Aから肌を守ってくれます。UV-Aは、肌の奥深くまで痛めつけて老化進めるシワ作る系紫外線と簡単に理解しておいてください。
paの場合は単純に+が多い程(最大4)紫外線のカット効果が高いということになります。

このように肌の場合、SPFとpaが守ってくれます。

では髪はどうでしょう?

 

髪を紫外線から守るには?

当然ながら、紫外線は髪にも降り注ぎます。肌のように日焼けして痛くなったり赤くなったりしないから気づかないだけで、髪も紫外線でダメージを受け痛みます。

市販品でも髪につけれるスプレー式の日焼け止めもありますがほとんどの物が紫外線防止効果が弱いものがほとんどです。
ちなみに、サロンなどで売ってる物でも紫外線100%カット出来るものはごく僅かです。

そこで!

 

コタの「スタイリングベース」シリーズ

【UV】実は髪の毛にとっても めちゃくちゃ重要な紫外線の話 その①」でもご紹介した。

[COTAスタイリングベース](http://www.cota.co.jp/products/stylingbase/)

なかなかゴリゴリにオススメしてくるでしょ?僕のブログなので僕が信じるものをオススメします(o^^o)

コタのスタイリングベース シリーズには、紫外線100%カット効果が入っています。(付けてからの一定期間、使用量などが正しい場合)
髪の場合は、紫外線吸収剤(UV-Aから守る)と紫外線反射剤(UV-Bから守る)という物が髪を守ってくれます!
この両方が入ってる髪につける系の物がほとんどないですし、スタイリングベースなら洗い流さないトリートメントなので、当然髪をキレイにする効果もあるのでおすすめですよ(o^^o)

 

紫外線から守る為の知識

紫外線で髪が受けるダメージは、日中の屋外はもちろんですが、紫外線は部屋の中でも存在する為、なかなか逃れることができません。
毎日の事だからこそ、しっかり注意して、帽子をかぶる、日傘をさす、保護剤をつけるなどの対策も怠らないことをオススメします。

ご理解いただけましたでしょうか?
ちょっと分かりにくい文章で申し訳ないです、何か聞きたい事があれば、ご来店時になんでもおたずねくださいね(o^^o)

では…

LINEで送る
Pocket

ABOUT AUTHOR

平岡 歩

スタイリストの平岡 歩です。初めての方でも自宅のように寛げるお店づくりを心がけています。 似合わせカット、お家に帰ってからも再現しやすいスタイルのご提案ならお任せ下さい。