ヘアケアその2

ヘアケアその2

こんにちは店長の野村善胤です

今回から基本的なヘアケア(初歩的な髪質改善)を具体的にどうすればいいのか?を書いていきたいと思います

前回終わりに

「濡れている状態の髪は非常に痛みやすい」

と定義しました、ようするに

濡れている時間はなるべく短く

ということになります

さて

いきなりですが最重要課題です

  • ご自身でシャンプーしてお風呂上がった後、髪の毛乾かしてますか?

ドライヤーを使用して乾かしてない(自然乾燥含む)もしくは今後も絶対乾かさないと言う方、申し訳ありませんがこの先読む必要ないと思います

ドライヤーを使用して乾かしてる、もしくは基本的なヘアケアして少しでも髪の毛綺麗にしたいからこれから実践しようと言う方

  • まず、完全乾燥までお風呂で上がりから何分後でしょうか?(お顔の基礎化粧は先にしましょう)

20分間以内だと合格です

30分間以内だとまぁまぁ合格です

45分間以内だとそこそこです

1時間以上の方はもっと早いタイミングで乾かしましょう
次に2枚の写真を見てください、上は僕ら美容師がドライヤーで乾かしています
下はご自身で乾かしています


何か違いはあるでしょうか?

  • 注目してほしいのはドライヤーがどの方向から当てられてるか?です

髪の毛の最表層のキューティクルは瓦や魚のウロコ状についてます

つまり乾かそうとしている頭の位置より上側からドライヤーの熱と風が当たらず

下から当たると、その部分のキューティクルがめくれ上がった状態で乾いてしまいます
よって上の写真の僕らがやっているのと同様上方向から乾かすことによって「ツヤ」が出やすくなります

美容師は立っていて座っているお客さまの髪の毛を乾かすので、自然と上方向からのドライになっているのです

美容室で乾かしたら綺麗なのに、自分で乾かしたら上手くまとまらないのは、まずこのことが考えられます

もちろん美容室で使用しているヘアケア商品や美容師自身のテクニックと、いうこともいえますが

その前にどの方向から乾かすか?がまず重要です

ということで

まとめ

  • お風呂上がりなるべく速いタイミングでドライヤーを使用して乾かす
  • ドライヤーを使用して乾かす時、乾かす部分よりも上方向から乾かす

どうでしたか?次回はもっと詳しく正しいヘアケア(初歩的な髪質改善)を進めていきたいと思います

それではよいヘアケアライフを

LINEで送る
Pocket

ABOUT AUTHOR

ヘアー&ビューティーサロン NON ウェブサイトの管理者